NEWS

お知らせ

原爆の日の広告が受賞

2021-04-09

被爆75周年の節目となった昨年8月9日付の長崎新聞は、平和公園にある石畳の写真を実物大で印刷した紙面で覆う「ラッピング」で発行しました。このたび、この企画が「アジア太平洋広告祭」で銅賞をいただきました。

新型コロナウイルス感染症の影響で、平和公園で開かれる平和祈念式典が入場者を制限する形で実施されることを踏まえ、会場に行けなくても石畳の紙面でその場にいる気持ちになって、平和を祈ってほしいという狙いで制作しました。

受賞の記事は4月9日付の長崎新聞1面に掲載しています。ご覧ください。

長崎新聞では昨年から今年にかけ、大型の広告企画を次々に展開しています。昨年11月30日付では医療従事者への誹謗中傷防止に関するキャンペーン広告を4ページにわたり掲載。約100社の協賛を得ました。今年3月17日付ではSDGsをテーマに県内企業の取り組みなどを紹介する広告や記事を載せ、紙面をSDGs一色に染めました。若手社員のアイデアがいくつも実を結んでいます。

長崎新聞社では年齢に関係なく、表現したい、伝えたい気持ちさえあれば形にすることができます。